2 オンデマンドプリンタへの印刷方法

アプリケーションからの印刷指示

印刷したいアプリケーションから印刷指示を行います。
※Microsoft Office Word 2010を例にとって説明します。


1.「Officeボタン」→「印刷」の順にクリックします。
 


2.プリンター名を選択して「印刷」をクリックします。
 

  貸与ノートパソコンの場合:「IPP」を選択します。
  情報教室設置パソコンの場合:教室ごとに選択するプリンター名が異なります。(下記参照)

教室ごとの選択するプリンター名一覧
場所 教室名 使用するプリンタ名
小金井キャンパス マルチメディア第1教室 K11M1PR01-v
マルチメディア第2教室 K11M2PR01-v
マルチメディア第3教室 K11M3PR01-v
ラーニングコモンズ K11JAPR01-v
情報教室 K11JBPR01-v
情報図書室 JLIBPR01-v
情報ラボ教室1 JLAB1PR01-v
情報ラボ教室2 JLAB2PR01-v
市ヶ谷田町校舎 T311教室 T11T3PR01-v
情報教室1 T11J1PR01-v
情報教室2 T11J2PR01-v

 印刷ジョブの保管期間は25時間です。25時間を越えた印刷ジョブは
 自動的に削除されます。


Internet Explorerから印刷する時の注意点

 貸与ノートパソコンや個人の持込みノートパソコンでInternet Explorerから印刷を
行うには「保護モード」が無効になっている必要があります。
下記の手順で、現在の保護モードの設定を確認し、「有効」になっている場合は「無効」に
してください。

1.Internet Explorerを起動し、画面右下の表示から保護モードの設定状況を確認します。

 保護モード(有効状態)
  

 保護モード(無効状態)
  

2.保護モードが有効になっている場合は、の部分をダブルクリックし、
  下図のように「保護モードを有効にする(Internet Explorerの再開が必要)」のチェックを
  外し、「OK」をクリックします。
  

3.Internet Explorerを再起動します。以上で設定は完了です。



プリント出力指示

オンデマンド端末へのログイン

1.オンデマンドプリント端末に据付されているカードリーダーに学生証をかざしてください。
  

2.ログインに成功すると、プリントジョブ操作画面が表示されます。
  


ジョブを選択して印刷する

 プリント可能なジョブの一覧とユーザーの上限枚数/実績枚数が表示されます。出力したい
プリントジョブの「選択」チェックボックスをオン(「全選択」ボタンにタッチすることで、
全てのプリントジョブの選択チェックボックスをオンにすることができます)にして、
「スタート」ボタンにタッチするとプリントが開始されます。

※1面あたり、フルカラー:2ポイント、白黒:1ポイントとして計算されます。

  

※「フルカラー」「白黒」の上限値が「無制限」と表示されていますが、「プリント総数」の
 上限値(1000ポイント)を超えて無制限に印刷できるわけではありませんのでご注意ください。

※上記画面表示の「無制限」とは、上限値1000ポイントの範囲で「フルカラー/白黒ごとに印刷
 枚数の制限をしていない」状態を示します。仮に「フルカラー:100」と表示されていた場合、
 「1000ポイント中、100ポイントまでしかフルカラー印刷ができない」ことになります。

※今までの実績値と選択したプリントジョブの合計ポイントが、年間の利用可能なポイントの
 上限を超える場合は、「スタート」ボタンにタッチした際、下記のメッセージが表示され
 印刷できませんのでご注意ください。
  


オンデマンド端末からログアウト

 「ログアウト」ボタンにタッチするか、画面操作を何もしない状態で1分間経過すると自動的に
ログアウトし、待ち受け画面に戻ります。
  


プリントジョブの削除

 プリントジョブを選択した状態で、「削除」ボタンにタッチすると、削除確認メッセージが表示
されます。「OK」にタッチするとジョブが削除されます。「キャンセル」にタッチした場合はジョブを
削除せず、前画面に戻ります。
  

  

   TOPへ